東京都渋谷区代々木1-6-3 さくら代々木一階 東京パラメディ内 090-6163-6098 ostetokyo@gmail.com

ブレインフォグ、顎関節症、頭重感、ストレートネック、睡眠の悩み、肩こりなどの症状に定評があるオステオパシー整体

ブレインフォグ、顎関節症、頭重感、ストレートネック、自律神経の問題や脳を活性化する方法などにおいて、当院は高い評価を受けています。

オステオパシーはアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル先生が開発した「手で行う医学」と呼ばれてるものです。

スティル医師は、身体には自然治癒力が備わっているが、その働きを体の歪みや筋肉の緊張、内臓の不調、脳神経系の機能不全などが邪魔をすると考えました。

オステオパシーはその身体の機能を阻害する要因を手で探り、手で調整することによって自然治癒力を最大限引き出すことに主眼が置かれています。

アメリカで生まれたオステオパシーは世界中に広がり、特に先進国では絶大な人気を博しています。

頭蓋オステオパシーの素晴らしさ

オステオパシーの素晴らしさは多岐にわたりますが、中でも頭蓋骨、脳、神経系などの調整はオステオパシーが開発した技術の中でも特筆すべきものです。

「手で頭蓋骨を調整する」という事を書くと、一般の方は本当にそんなことをできるのか?と不思議に思うのではないでしょうか?

しかし、できるのです。下記リンクはその事例の一つです。

他の整体とどう違うのか

アメリカには各州にオステオパシー医学大学があり、D.O.(Doctor of Osteopathy)という医師資格を持っています。そしてD.O.は手術もしますし投薬もでき、かつ手技療法も行う医師です。

しかし、日本を含むアメリカ以外の国で行われているオステオパシー専門教育は、手技療法のみでいかに身体機能を高めるかにフォーカスし、解剖生理学に基づき根拠のある手法を教え、就学年数は4年から6年です。

アメリカ以外の国でのオステオパシー教育は、基本的にはオステオパシーの三大分野である筋骨格系、脳神経系、内臓系の施術方法を基礎医学をベースに学びます。

日本で行われているオステオパシー教育も、スティル医師が作ったオステオパシーの原則に従い、身体を適切に刺激し、身体の自然な働きを高めるお手伝いをします。

こんな方にオススメします

  • 身体の痛み 腰痛、肩こり、首の痛み、顎関節痛、ムチウチなど
  • 内臓の不調 生理痛、慢性の下痢や便秘、他
  • 頭部の不調 頭痛、目や耳、鼻、喉など頭部の症状不快感
  • 自律神経系 自律神経失調症、ウツ、慢性疲労、パニック障害、睡眠の問題
  • 発達の問題 自閉症、発達障害、てんかん
  • スポーツ障害 手術後の局所的ケアなど
  • その他

時間と料金

30分 5,500円(税込) 

火曜日定休、土日祝日も営業してます

施術者


石原 学    Diplôme d’Osteopathie

オステオパシー専門校 スティルアカデミージャパン(SAJ)卒業

フランスにおいて発展した、内臓調整や神経系のオステオパシーを得意としています。

連絡先

石原オステオパシーオフィス 090-6163-6098

メール ostetokyo@gmail.com